不倫

セックスフレンドを直訳すると、性行為の友人です。セックスが目的の友人、というと、どことなく違和感を感じる方も少なくはないと思います。ですが、セックスが目的の不倫、という言葉はどうでしょう? 違和感は無くなったのではないでしょうか。基本的に不倫はセックスフレンドととらえても問題ないでしょう。ですが、それは同時に、あまり表立った関係とは言えない、ということを指します。秘密裏にこっそりと逢引する関係なのです。セックスフレンドで不倫ですから、まぁ世間的なイメージというものは覆りません。否定的な意見は多いでしょう。そんな逆境を跳ね除けてまで関係を肯定させるのは、欲望、性欲ですね。当然ながら、この関係は配偶者には隠し通さなければいけません。この秘密の関係、というのが、かえって不倫やセックスフレンドの関係を燃え上がらせるようなんです。しかも、セックス中心の関係ですからね。そこに淫靡さや猥雑さ、背徳感が油を注ぐのです。夫婦間のセックスになら、何の背徳感もありません。もちろん密室で行うものですが、後ろめたさとは無縁のものです。しかし、不倫、セックスフレンドの場合はどうでしょうか? 背徳だらけですよね。その、こそこそしなければいけない関係、というのがスリルを呼び、セックスをより情熱的なものにするのです。夫婦間では絶対に得られないような快楽を追求しているのです。ただ、不倫の場合のセックスフレンドは、「ただのセックスフレンドだけの関係」と割り切れないこともあるのがもう一つの特徴です。不倫がいつしか本気になってしまうと、家庭関係にまで影響を及ぼすことに。一時期だけ不穏な空気が流れるくらいならまだしも、二度と取り返しのつかない事態になってしまうことだってあり得るのです。火遊びが過ぎると、大やけどをしてしまう、というわけですね。