出会い系サイトと援助交際

出会い系サイトは、純粋な男女の出会いを仲介してくれるサイトです。結婚相手、恋人、メル友などなど、そこには無償の関係が前提とされています。結婚相手を探すときに、〇〇万円払いますから結婚してくれませんか、という人はいないと思います。恋人であれば、一日だけ〇〇万円で恋人になってください、ということはひょっとしたらあるかもしれませんね。でも、サイトのコメントを見てみると、〇〇万円ください、その代わりにというようなコメントは見たことがありません。しかし、よく見ると、年上のおじ様からのメールを待っていますという意味のコメントを見かけることがあります。援助交際は罰せられることがあります。したがって、コメントに援助交際相手募集中とは書けないのですね。おじ様募集中とか、食事に連れて行ってなどという表現に隠された援助交際の誘いを見抜く必要があります。もちろん、援助交際と分かってメール送信する人もいるでしょう。一方で、援助交際だけは避けたいという人もいると思います。援助交際のつもりでなくても、会ってみて、これ欲しいなと言われたら、買ってあげるでしょう。ベッドの中で、お小遣い欲しいなと言われたら、渡してしまうでしょう。正面から援助交際と言われなくても、結果的に援助交際になってしまうこともたくさんあるのではないでしょうか。むしろ、大部分だったりするかもしれません。その辺のところは、コメントから慎重に読み取ることが必要ですね。